図1.上皮シートとバリアー機能。
多細胞生物は上皮細胞シートや内皮細胞シートによっていくつものコンパートメントに分けられるが、これらの細胞シートがバリアーとしての役割を果たすためには、細胞間を通った(パラセルラー経路)物質の漏れを防がなくてはならない。このためにタイトジャンクションが発達したと考えられている。