図6.再構成されたTJストランド。
(a)L細胞にクローディン−1を強制発現させた細胞の間に出来た細胞間接着構造の超薄切片像。典型的なキッシングポイント(矢尻)が見える。 (b) 凍結割断レプリカ像。典型的なTJストランドが再構成されている。