図7.ノザンブロットによるクローディン−1〜−8の組織別発現。 
それぞれのクローディンが、きわめて複雑な組み合わせで、各組織に発現している。クローディン−6の発現は成体のこれらの組織では検出できない。